連 盟 に つ い て                         連盟規約  連盟規程  役員一覧  審判員一覧  

 
 越 谷 市 野 球 連 盟 規 約
      第一章 名称及び事務所
 第1条 本連盟は、越谷市野球連盟と称する。
 第2条 本連盟は、事務所を越谷市教育委員会内に置く。
     第二章 目的及び事業
 第3条 本連盟は、アマチュアスポーツとして正しい野球を越谷市全般に
    普及してその健全な発展を図るとともに、会員相互の親睦及び郷土
    の興隆に寄与することを目的とする。
 第4条 本連盟は、前条の目的を達成するために下記の事業を行なう。
    1 各種野球大会、講習会の開催
    2 野球に関する研究調査
    3 野球の普及発展に必要な指導奨励
    4 会報、名簿その他の印刷物の発行
    5 その他本連盟の目的を達成するために必要な事業
     第三章 会員及び組織
 第5条 本連盟の会員は、正会員と名誉会員とする。
 第6条 正会員は、高校年齢層以上の者(高校生及び学生・生徒にあって
    は、学校、その他の連盟に登録されている者を除く。)をもって組
    織する軟式野球チームであって、次の条件を具備しなければならな
    い。
    (イ)職域チーム
       市内の官公庁、会社、商店、工場等で同一職場に勤務する者
       で編成するチーム。
    (ロ)地域チーム
       市内に居住又は勤務する者のみによって編成するチーム。
 第7条 正会員のチームは、監督、主将を含めて10名以上30名以内の
    競技者で編成しなければならない。
 第8条 本連盟の目的及び事業を賛助する者をもって名誉会員とする。
 第9条 本連盟は、正会員及び名誉会員をもって組織する。
     第四章 役  員
 第10条 本連盟に下記の役員を置く。
    1 会長 1名
    2 副会長 2名
    3 理事長 1名
    4 副理事長 若干名
    5 理事 25名以内
    6 幹事 若干名
    7 監事 2名
 第11条 会長及び副会長は、総会で選出する。会長は、本連盟を代表し会
    務を統轄する。副会長は、会長を補佐し会長事故あるときはその職
    務を代行する。
 第12条 理事は、総会において選出する。理事は理事会を構成し、総会の
    議決により会務を掌理する。幹事は、理事会の議決により、会長が
    委嘱する。幹事は会務に従事する。
 第13条 理事は互選により理事長1名、副理事長若干名を選出する。
 第14条 理事長は理事会を代表し、会務を執行する。
    2 理事長は会長、副会長に事故あるときはその職務を代行する。
    3 副理事長は理事長の会務執行について補佐し、理事長に事故あ
     るときはその職務を代行する。
 第15条 監事は総会で選出する。監事は、会計を監査する。
 第16条 本連盟は、顧問、参与を置くことができる。
 第17条 役員の任期は二年とする。但し再選を妨げない。補欠による役員
    の任期は、前任者の残任期問とする。役員の任期が満了しても後任
    者が就任するまでその職務を行う。
 第18条 総会は定期総会と臨時総会とし、会長がこれを招集する。
 第19条 定期総会は毎年定期に開き、臨時総会は会長が必要と認めたとき、
    または会員の5分の1以上の同意によって開くことができる。
 第20条 会長は定期総会において会計その他重要な会務について報告する。
 第21条 理事会は、理事長が招集し総会から委任された事項その他を審議
    する。
     第五章 会  計
 第22条 本連盟の経費は、会費、加盟金、大会参加費、助成金、寄附金、
    賛助金及びその他の収入でまかなう。
 第23条 正会員は会費を年度始めに納入する。
    2 加盟に際しては加盟費を納入する。年度内に会費を納入しない
     時は脱退したものとみなし再加入については加盟金を徴収する。
 第24条 本連盟の会計年度は、毎年1月1日に始まり、12月31日に終
    る。
     第六章 規  律
 第25条 正会員たるチームの構成員は一つのチーム以外に加入することは
    できない。
 第26条 正会員たるチーム及びその構成員は本規約並びに付属規定に違反
    することはできない。
 第27条 正会員たるチーム及びその構成員が前二条に違反したときは、役
    員会において除名あるいは大会への出場停止その他の処分をするこ
    とができる。
 第28条 会費未納チームは本連盟の主催または後援する大会へ出場できな
    い。
     第七章 附  則
 第29条 この規約の改正は、総会出席者の3分の2以上の同意による。
 第30条 本規約の施行について第10条第5項に定める理事25名は、チ
    ーム選出による者15名以内、会長及び審判部推薦による者10名
    以内とする。
 第31条 本規約の施行について必要な事項の細則は、理事会で別に定める。
 第32条 本規約は、昭和35年4月3日より施行する。

        附  則
         昭和36年4月9日より施行する。
         昭和38年4月7日より施行する。
         昭和39年4月3日より施行する。
         昭和39年12月7日より施行する。
         昭和40年1月27日より施行する。
         昭和41年1月27日より施行する。
         昭和42年1月27日より施行する。
         昭和43年2月10日より施行する。
         昭和49年3月15日より施行する。
         昭和51年2月26日より施行する。
         平成14年3月19日より施行する。
         平成16年3月1日より施行する。
         平成24年3月10日より施行する。
         平成28年3月5日より施行する。
 
 越 谷 市 野 球 連 盟 規 程
 (総 則)
 第1条 越谷市野球連盟規約第31条により本規程を設ける。
 第2条 この規程は、越谷市野球連盟の運用に当たり、次の項目について
    定める。
     @ 慶 弔
     A 旅 費
     B クラス編成基準
     C 表 彰
 第3条 慶弔、旅費については当分の間、役員等につき適用する。
 第4条 この規程で、「役員等」とは次の各号に定める者とする。
    @ 顧問、会長、副会長、正副理事長、理事、監事、幹事、審判員
     を言う。
    A その他特に必要と認める者。
 (慶 弔)
 第5条 前条に規定する役員等の慶弔に当っては、次に定めるところによ
    り金品を贈呈する事ができる。
    @ 現在の役員等
      慶 事 本人の結婚 20,000円相当
      弔 事 本人死亡の場合 20,000円相当
          役員の配偶者 10,000円相当
          役員の実父母 10,000円相当
      傷 病 大会中のケガ 5,000円相当
          傷病見舞は30日以上の入院を要する場合において全
          員について適用する。
    A 元の役員
      弔 事  本人の場合 10,000円相当
           (この項で役員とは、顧問、正副会長、正副理事長、
            監事、幹事を言う。)
    B その他特別な事由が生じたとき及び緊急を要する場合は会長が
      決定し後日理事会に報告をする。
 (旅 費)
 第6条 役員が各種大会、強化合宿、研修会、役員会等に出席するために
    出張した場合には、次に定める額を支給する。
     @ さいたま市(岩槻区)、川口市、春日部市、草加市、八潮市、
      三郷市、吉川市及び松伏町への出張は日額1,500円とする。
     A さいたま市(岩槻区を除く)、蕨市、戸田市、蓮田市、白岡
      市、宮代町及び杉戸町への出張は、日額2,000円とする。
     B 前二号に規定する市町以外の市町村への出張は、日額2,500円
      とする。
     C 宿泊費は、1泊10,000円以内とする。(負担金等で納入された
      場合は除く。)
     D その他本規程に定めのない事項については会長が決定し、後
      日、理事会に報告する。
 (クラス編成基準)
 第7条 越谷市野球連盟加盟団体のうち、その力量によって1部・2部・
     3部の3クラスとする。
   2 1部のなかにAクラスを設け、Aクラスは上部連盟の大会に派遣
    するチームとする。
 第8条 原則として新規加入するチーム(以下「団体」という。)は3部
    とする。
 第9条 2部、3部に所属する団体中連盟の大会で成績の優秀かつ行動が
    他の模範となる団体については、各々上位のクラスに昇格するもの
    とする。
 第10条 1部、2部に所属する団体中連盟の大会で成績の不良なるものに
    ついては、各々下位クラスに降格するものとする。
 第11条 第8条及び第9条に定めるクラス編成基準選考は理事会において
    選考し、これを総会にて決定する。
 (表 彰)
 第12条 加盟団体のうち、野球の健全な普及発展に貢献した団体について
    は第13条の定めにより表彰する。
 第13条 表彰選考基準については次の通りとする。
    @ 連盟運営に積極的に参画し組織的かつ活発な運営活動をしてい
     ること。
    A 加盟後20年を経過していること。
 第14条 前条に規定する両条件を充たし、表彰を受けようとする団体は下
    記事項を記載した書類を提出すること。
    @ 団体名、所在地、代表者名、加盟年月日
    A 組織機構、構成員
    B 最近2ヵ年の運営方針及び活動内容
    C その他参考となる事項
 第15条 個人表彰については、加盟団体所属員で野球界のため特に功績が
    あり加盟団体の推薦した者。
 第16条 役員として連盟のために特に功績があった者及び在籍20年以上
    (審判員は10年以上)の者を対象に表彰する。
 第17条 加盟上部団体及び他の関係機関より被表彰者の推薦依頼を受けた
    場合は、既に当連盟において功労賞を受賞されている者の中から推
    薦をする。
 第18条 被表彰者の選考は毎年理事会において選考し、決定する。
 第19条 表彰は原則として総会又は記念事業の式典の際に行なう。
 (附 則)
 第20条 本規程は昭和35年4月3日より施行する。
    
    附 則
    昭和36年4月9日改正
    昭和38年4月7日改正
    昭和39年4月3日改正
    昭和39年12月7日改正
    昭和40年1月27日改正
    昭和41年1月27日改正
    平成14年6月1日改正
    平成16年2月1日改正
    平成28年4月21日改正
 
 越谷市野球連盟役員(平成28・29年度)
No 役 職 名 氏  名 選 出 母 体 備  考
1 会   長 深 井  武 久    埼玉県野球連盟常務理事
2 副会長兼
理 事 長
藤 田  文 夫    埼玉県野球連盟常務理事
3 副会長兼
副理事長
樫 村  宏 二    
4 副理事長 深 井   晃  会長推薦  
5 副理事長 冨 澤   勤  会長推薦  軟式野球公認指導員
6 理  事 矢 部  新 冶  会長推薦  軟式野球公認コーチ
7 理  事 芳 門  勝 雄  審判部   
8 理  事 浅 子  弘 志   審判部   
9 理  事 渋 谷   忠  審判部  
10 理  事 立 沢  芳 郎   審判部  
11 理  事 千 野  行 夫  会長推薦  
12 理  事 平 林  次 男  越谷市役所(1部)  
13 理  事 中 村  浩 司  マルニックス(1部)  
14 理  事 宮 原  登志郎  ベストドリームス(1部)  
15 理  事 岩 崎  達 也  ボギーズクラブ(1部)  
16 理  事 戸 嶋  一 雄  蒲生クラブ(2部)  
17 理  事 市 川  政 明  越谷パンダース(2部)  
18 理  事 千 崎  敏 司  S・クラブT(3部)  
19 理  事 岸   高 雄  会長推薦  
20 理  事 枡 岡   茂  サンワリバテイーズ(3部)  
21 理  事 根  岸   孝   越谷CRAZY(1部)  
22 理  事 石 井  和 秋   さぎしろクラブ(3部)  
23 監  事 松 澤   武    
24 監  事 沼 里  邦 冶    
25 幹  事 増 岡   浩    
 
 越谷市野球連盟審判員
No 役 職 名 氏      名 No 役 職 名 氏   名
1 審判部長 芳 門  勝 雄 13 審 判 員 芥 川  龍 太
2 副審判長 浅 子  弘 志 14 審 判 員 三 浦  元 文
3 審 判 員 佐 藤  郁 夫 15 審 判 員 千 野  行 夫
4 審 判 員 樫 村  宏 二 16 審 判 員 高 階   孝
5 審 判 員 深 井  武 久 17 審 判 員 斎 藤  敏 浩
6 審 判 員 大 塚   弘 18 審 判 員 松 井  英 行
7 審 判 員 柳 沢  博 夫 19 審 判 員 館 野  光 男
8 審 判 員 立 澤  芳 郎 20 審 判 員 滝 川  雅 雄
9 審 判 員 天 田  英 夫 21 審 判 員 古 市  信 雄
10 審 判 員 鈴 木  喜 造 22 審 判 員 長 岡  範 樹
11 審 判 員 加 冶  日出男 23 審 判 員 藤 生  康 雄
12 審 判 員 渋 谷   忠      
 
 
 Copyright (C) 2011 KBL All Rights Reserved.
inserted by FC2 system